【218日目】儂、旅の準備の傍ら、大急ぎで琵琶の台を2台作る。

薩摩琵琶


昨日琵琶をお迎えしたものの、琵琶の台になるギタースタンドもない…
これから旅に出るというのに琵琶を床に寝かせて置いていくと家族に引っかけられたり、猫の爪とぎにされないか心配…

ギタースタンドを買いに行くにはちょっと遠出しないといけないし…

これは作るしかない…!!(`・ω・´)

近所のホームセンターで木材を買えば、工作室を2時間無料で利用できるという事なので、そこで作ることに。

ネットで琵琶の台を構造を頭に叩き込んで、持っている琵琶のサイズを測っていざホームセンターへ!

今から2時間以内に琵琶の台を作るというミッションをこの忙しい時にぶち込むなんて…無謀かもしれんけどやり遂げる!

丸い台座(本来はテーブルに使用)…¥980
支柱になる角材…¥280
鶴首にあてる部分の端材…¥30
琵琶の滑り止め端材…¥20
接合部分に使用するタボ…¥98
ボンド・クッション・やすりは自前。
1台の材料費は¥1408。
ちゃんとした琵琶の台は、良い木を使っているので倍くらいはするのでは…(;^ω^)


工作室で受付をすまし、印をつけてもはや暗号のような設計図を元に木材を糸ノコでカット。

糸ノコとか中学生以来使ったことないので、説明書の内容を叩きこんでカットをしたんだけど、意外に簡単に操作出来たのでよかった(;’∀’)

タボの直径と同じサイズの穴をドリルで穴をあけて、接着や角取りは後で家ですることに。

やすりで角を取っていく。

あとはボンドを穴に流し込んでタボをさして各パーツを接合!

ハンマーでしっかり打ち込んで、後は乾燥している間に用意!w

鶴首を気づ付けないように、家にあったクッションを両面テープでペタリ。

数時間後、ボンドも乾燥したみたいなので琵琶を早速おいてみる…
重さでへし折れたらどうしよう…
恐る恐る置くと結構安定していて安心。

本当は下の台はもっと分厚いものが良かったんだけど、結構大丈夫というか、丸い台の形が良さげ♪

¥1500以内でこれはありよりのありなのでは!w
大阪から帰ってきた時、へし折れてたら泣くw

木材を買って乾かす前まで2時間かかってなかったので、これだったら工作室で全部完結させても良かったなぁ(*’▽’)
あちこち結構雑なところあるけどw

磨姫子

楽琵琶用琵琶置き台・上 本欅製

価格:99,000円
(2021/11/4 00:17時点)
感想(0件)

コメント

タイトルとURLをコピーしました