【267日目】儂、久々に子ども達に混ざって空手の稽古する。

雑記


大人の朝の稽古に参加できない日が続き、体がなまってしょうがない(;^ω^)

夜に時間が空いたので久しぶりに子どもたちと一緒に空手の稽古をすることに。

柔軟体操と基本稽古の後、ミット稽古を少々。
三日月蹴りを重点的に受験生の男の子と組んで蹴りあうものの、やっはり受験生の男の子とはいえ私よりも背が高く、力も強いので蹴りも重いく力負けしてしまう。
彼の上段廻し蹴りをミットで受ける時も、しっかり剛体化しないと脳天まで響くw
ミット無しでも耐えれそうだけど何度もくらったら厳しいw

力負けしてしまうならば、こちらは技術で勝負じゃい!w

ムチミを少し使ってスナップを更にきかして、刺すような三日月蹴りを練習。
インパクトは彼より少ないけど、ミットを貫通して衝撃が肝臓に届くように蹴るのでミットから違う音質の打撃音が響く(`・ω・)

その後ミット稽古が終わり、道場の端っこで密かにムチミの振り幅のコントロールの練習。
大ぶりなモーションのムチミは相手に技が読まれてしまうので、小ぶりなムチミを練習。
左右のムチミ、上下のムチミ、沈身との連動など、一連の動作を確認。

気が付いたら保護者の方が子ども達のお迎えの時間w
ちとムチミを練習しすぎたのか、骨と内臓に負担が…

ムチミは体得すれば便利だけど、諸刃の剣と再度認識(;^ω^)
ここぞという時にムチミを使うようにしよう…

磨姫子

【中古】 グラップラー刃牙武神・愚地独歩 凄絶死闘四番勝負編 / 板垣 恵介 / 秋田書店 [コミック]【メール便送料無料】【あす楽対応】

価格:434円
(2021/12/22 18:41時点)
感想(0件)







コメント

タイトルとURLをコピーしました