曾祖母の遺品整理で大量のレトロな着物や写真等を譲り受ける。#535

雑記

この日は曾祖母の遺品整理で大掃除!
遺品整理って、作業内容的には引っ越し作業に近い重労働だよねw

今年亡くなった曾祖母の着物が大量にあり、一番着物を着る機会が多い私が譲り受けることに。

親戚に呉服屋さんがいたそうで、生前曾祖母は着物を沢山買っていたそうだ。

大正時代のアンティークな着物もあれば、ハイカラで今風の着物まであり、若かりし頃は相当おしゃれだと思われる。
着物の量は衣装ケース7ケースはあるw
大正生まれの曾祖母は几帳面な性格で、お陰で着物の状態はどれも非常に良いのはありがたい♪

しばらくは着物を買わなくても大丈夫なくらいの量を譲り受けた!
お婆ちゃんが大切にとっといてくれていた着物、演奏の時や宣材写真撮影の時に着て皆に見てもらうからね!( ;∀;)

着物の整理が終わり、書類周りを整理していると相当レトロな写真が。
曾祖母の女子高校生時代の修学旅行の写真やアルバムが出てきた!

写真の貼り方が乙女★

お婆ちゃん、お金持ちのお嬢さまだったみたいです。
修学旅行での横須賀にて↓

これは私も良くいく江の島。
ここへも修学旅行で立ち寄ったみたい。↓

これも江の島?
奥に見えるのは富士山かな?↓

日光東照宮や華厳滝にも訪れたみたいで、この写真は中禅寺湖での写真。↓

この時代は日中戦争の時。
全員が一方向に向かって合掌する姿は圧巻。

汽車で登校していた曾祖母は、登校中爆撃を受け隣にいた同級生の足に巨大な爆弾が突き刺さり大変なことになったと聞いたことがある。同級生のその後は教えて貰ってないけど…大変な時代生きてこられたのだと思う。

その他に一族の写真が出てきた。


裏面に大正弐年四月弐拾四日受取と記載が。

こんな時代の写真が今も残っているって素晴らしいことだ。
今まではしまわれていたけど、綺麗にして皆が見える場所で保管しようと思う。
先祖が生きていてくれたおかげで、今我々が存在出来ているのだから(*´ω`*)

磨姫子

コメント

タイトルとURLをコピーしました